“TPPミュージアムアートオークション”
TPP Museum Auction

auction-announcement

“TPPミュージアムアートオークション”

2014年12月21日(日)14:00 ~ 17:00

@さっぽろ天神山アートスタジオ

http://tenjinyamastudio.jp/access/

TPPミュージアムオークションとクリスマスパーティー

2014年TPPミュージアムの札幌でのシーズンをおえるにあたり、TPPミュージアムはコレクションアイテムを個人へ循環するハンマーオークションを行います。ミュージアムは作品を収蔵する機能をもうける施設です。そのミュージアムに建物がないとどうなるのか?それぞれのオークションアイテムは専門家達により紹介され、一番高値をつけた方と取引されます。

ゲスト:トロッコ(阿部慎平・下山千絵)、硫酸山(下島亘)、雑草の会(千葉朋子)、冨田哲司、PotatoPerspective (富田俊明)、斉藤幹男、Susanne Klien、羽角敦子、藤木正則、川島章、前田家族、櫻田竜介(書記)、川上大雅(オークショネア)

是非足をお運び頂ければ嬉しいです。

__________

TPP Museum Auction and holiday party
At Sapporo Tenjinyama Art Studio
14:00 ~ 17:00, Sunday December 21st, 2014
http://tenjinyamastudio.jp/en/access/

To conclude the TPP Museum’s 2014 season in Sapporo, the museum is holding an auction to liquidate its collection. After all, what does a museum without a body need with things? Each auction item will be introduced by a specialist, and auctioned off to the highest bidder.

Guests: Trocco (Shinpei Abe, Chie Shimoyama), Acid Mountain (Wataru Shimojima), Wild Plants Club (Tomoko Chiba), Tetsushi Tomita, Potato Perspective (Toshiaki Tomita), Mikio Saito, Susanne Klien, Akiko Hasumi, Akira Kawashima, Maeda Family, Ryusuke Sakurada (Assistant), Taiga Kawakami (Auctioneer) and more!

please come and join!

Auction item list オークション商品リスト

 potatoes
TPP
ミュージアムガーデン 馬鈴薯
1キログラムの馬鈴薯

小林農園から種芋をもらい育てた馬鈴薯。2014年秋に天神山アートスタジオの庭にて収穫

特徴: 家族がつないできた馬鈴薯  来年の種芋として使用可能なはずです。

TPP Museum Garden Potatoes
1 kilo of potatoes

These potatoes, grown from starters provided by Kobayashi Organic Farm, were harvested in the fall of 2014 from the front of Tenjinyama art studios.

Features: family heritage potatoes —— can be used to plant new potatoes

 

golf-balls
天神山ゴルフボール

さっぽろ天神山アートスタジオのあるこの場所はかつて札幌国際ハウスであり、それ以前はゴルフのバッティングセンターがあった。TPPミュージアムガーデンを作るために庭の土を耕している時に、これらのゴルフボールが発見された。

特徴: まだ使える。

Tenjinyama Park Golf Balls  

7 used golf balls

Tenjinyama hosted a golf range before the construction of the Sapporo Guest House, which later became Tenjinyama Art Studios. These balls were found in the soil when digging the TPP Museum Garden.

Features: durable 

 

pesto
TPP
ミュージアムガーデン
バジルペースト

TPPミュージアムガーデンにおいてバジルはかなり出番の多い植物だった。洋食のアクセントや奥深さにバジルは一役かっていた。種はイギリスの有機バジルと言う種を数年、中国北京にあった今となっては過去の遺産のアートスペース家作坊HomeShopにてカケツギ、札幌まで慎重に運ばれた。このバジルペーストは、収穫終盤のバジルを使用し、お店で買って来たカシューナッツ、オリーブオイル、塩で味付けした。

特徴: この一つの瓶に、2種類、20ものバジルの苗からの葉っぱがつまっている。トースト、パスタ、サラダ、うどんなど様々な料理の味付けにつかえます。それはエキゾチック!

TPP Museum Garden Pesto
jar of pesto

Basil was a priority crop in the TPP Museum Garden, for its robustness and usefulness as a fresh ingredient in many foreign dishes. Seeds were saved from now defunct art space HomeShop in Beijing, China. This jar of pesto is made from a late harvest of basil, with store-bought cashew nuts, olive oil and salt.

Features: a single jar of pesto contains leaves from over 20 basil plants and 2 different types of basil —— versatile and potent addition to many foods, including toast, pasta, salad, udon noodles —— exotic appeal

 

herbs
TPP
ミュージアムガーデン ドライハーブ
&種セット
セージ、オレガノ、ミント、レモンバーム、バジル等

天神山アートスタジオの庭先で育てられたこのハーブ達は、地元札幌や長沼のガーデナー/菜園家達から受け継ぎ、この春に移植しました。このうちのいくつかは宿根草なのでそのうち、この庭をおおい尽くすことになります。

特徴:  TPP経済協定の影響を受けないであろう世界で生育するハーブ達は乾燥しても、ソースやお茶としてあなたの暮らしを豊に。

TPP Museum Garden Dried Herb Set and seeds
Sage, oregano, mint, lemon balm, basil, stem-dried

These herbs had been grown at Tenjinyama art studio, sourced from local growers gardens: Chibakko, Yagiya in Sapporo and Kogumaza in Naganuma, and transplanted this spring. Some of their roots were strong enough to take over the garden for a while. Once dried, they can last into the foreseeable future—a shareable source of wealth, whether or not TPP takes effect.

Features: aromatic, good for teas and sauces —— herbs look charming as a bouquet —— seeds guaranteed to produce!

 

soy
ともえ醤油
ミニサイズ醤油

工場見学へ行った際、この工場が唯一かなり大きいスケールで醤油を作っている事がわかった。その醤油に北海道産大豆はほんの少しだけ使われており、インド、アメリカ産大豆が醤油原料の主であった。

特徴:工場見学の際にだけもらえるノベルティーグッズー様々な料理と高相性。

Tomoe Soy Sauce
small bottle of soy sauce

During a tour of the factory, we learned that this company is the only large scale manufacturer of soy sauce in Hokkaido, and uses Hokkaido soy beans for a portion of its products. The rest come from India and the United States.

Features: only available from the factory tour —— useful in a variety of Japanese dishes

 

quilt
北海道地図キルト

このキルトは札幌市資料館のワークショップルームにて使用されていた。中央部分には黒板が設置されており、来場者が未来の北海道はどうなっているのかを想像しながら描いたり、書き込むことができた。

特徴:  一般的にいって自分の位置を確認する事に使える。また土地への投資の計画にも利用可能。

Hokkaido Map Quilt
handmade quilt

This quilt was used on the large square table in the workshop room at the Sapporo Former Court of Appeals. In the open middle part there was a blackboard insert inviting visitors to add their ideas on the future geography of Hokkaido.

Features: generally useful for orienting yourself —— great for planning real estate investment

 

tomato-pickle
TPP
ミュージアムガーデン トマトピクルス
瓶詰めトマトピクルス

天神山アートスタジオ花壇にあるTPPミュージアムの庭は方角的に太陽があまりなく、土地としても良くない条件でした。まあトマトを植える時期もおそかったのですが、トマトが沢山実った頃には北海道での実りをしめくくる時期にあたり、そのほとんどがピクルスになりました。TPPミュージアム仕立てのピクルスです。酢、三温糖、スパイスを使用。

特徴:4種類のミニトマトを使用ー食用ーサラダやタルタルソースに最適。瓶の中の小宇宙をながめるのもよし。

TPP Museum Garden Green Tomato pickles 
Jar of tomato pickles

The TPP Museum Garden at Tenjinyama suffered from lack of sun and poor soil. So while a large number of tomatoes fruited, the season was already coming to a close and many had to be picked prematurely. They were washed and conserved in TPP Museum’s patented solution of vinegar, salt, sugar and spices.

Features: contains a mix of 4 different types of tomatoes —— edible —— great in salads

 

tjy48-portraits
TJY
48写真集

東京から博多、ジャカルタから上海までフランチャイズで拡大したAKB48に代表されるリアリティー競争番組の最新版として、TJY48が札幌天神山(TenJinYama)にてつくられた。この組の特徴としては、どんなに遠くに住む犬や普通の犬でもエントリーすれば有名になれるということがうたわれた。この写真集は24匹のすばらしいエントリーされたワンちゃん達である。内、18匹が実際に世界ドッグコンテストに参戦し、すべての犬はTPPミュージアムの庭より提供されたベジタリアンドッグフード(骨型)を表彰された。

特徴:キラキラの特別紙に印刷投票時に書かれた生々しい記録も残っている。

TJY 48 photo collection
24 vanity portraits of dogs

TJY 48 is the latest addition to the reality competition genre made famous by AKB and related franchises that have spread from Tokyo to Hakata, to Jakarta and Shanghai. The message it promotes is that anyone can compete to be famous, even if you are just an average dog from the South side of Sapporo. This photo collection gathers all of the 24 wonderful contestants who registered, 18 of whom competed for the special prize of an extra large vegetarian dog bone from the TPP Museum Garden.

Features: printed on special glitter paper —— these are the genuine competition prints that were used in the voting process

 

tjy48
TJY
48表彰題目バナー
ハンドメイドバナー 15本

2014年9月14日に行われた、TJY48世界ドッグコンテストの競争会場の装飾として使われたバナー。当日、参加わんちゃんに渡された各賞が書かれています。

特徴:  人間にも使うことができます。ー友達同士でコンテストを開きその賞としてつかう。または、毎日鏡を覗き込んで、その日にぴったりの賞を選んで自分にご褒美をあげよう。

TJY 48 prize banners
25 handmade banners

These banners were hung up above the competition grounds of the TJY 48 World Dog Contest, held September 14th, 2014; each banner represents an award that a competing dog received on that day.

Features: also applicable to humans: make your friends compete for awards —— or look in the mirror and treat yourself with a different award every day

 

t-ball
TPP
ミュージアム ティーボールチーム ユニフォーム
ハンドメイドたすき 18人分 (1チーム9人分/黒と白レース地)

2014年8月7日に行われたTPPミュージアムティーボール大会にて、TPP賛成、反対チームにより使用されたユニフォーム。

特徴:敵と味方が見分けやすいデザイン。野球、ソフトボール、サッカー、ラグビーなど様々なスポーツに使えます。また、政治選挙キャンペーンや式典のたすきとしてもご利用可能です。プライベートでお使い野場合は、言論の自由を表明するユニフォームとしてお使いください。柔らかい素材でひとつひとつ手作業でつくられています。

 TPP Museum T-ball Team Uniforms
18 handmade sashes (9 for each team)

These uniforms were worn by the Pro and Anti sides of The TPP Museum T-Ball game held August 7th, 2014.

Features: easily identify allies and enemies —— useable in a variety of sports, including baseball, softball, football, soccer, and in political campaigns and ceremonies —— individuals wearing the uniforms possess the power of free speech

 

ume-shu
TPP
ミュージアム 天神山緑地公園梅酒

ボトル入り梅酒

こ れは3ヶ月ものの梅酒で、天神山公園緑地の梅を使って作られた。公園に育つ梅の木なので、一般的には個人利用目的の為にとるのはダメ!と思いがちだが、近 所のおばあさんが「大丈夫よ、わたしもいつもやっていたわよ」とのことで、まだ暑い7月の午後に数名で収穫。梅酒につかっていた梅も近所のおじさんがもう いい香りの頃合いだということで、私の同意なしにいつのまにか取り出していた。なんだかこれに使われた梅は、みんなの同意を得られないのが宿命のようだ。

特徴:  ー梅の実、ホワイトリカー、ロックシュガーから作られた。商談を成立させるための最後の一押しに活躍します。

TPP Museum Tenjinyama Public Ume Liquor  

Jar of Ume Liquor

This liquor was aged for 3 months with Tenjinyama Park ume plums (see Ume Jam), at which point the plums were removed by a neighbour who thought the liquor was fragrant enough; it seems the destiny of these plums is in public disagreement. Made from ume plums, white liquor, and rock sugar.

Features: alcohol percentage unknown —— great with ice and a little Pi water —— will not spoil —— useful for closing business deal

 

ume-jam
TPP Museum Tenjinyama Public Ume Jam

jar of ume plum jam

Since these ume plums grow in a public park, many people perhaps think that one should not pick them for private consumption. However, a neighbour grandma told us it was okay, so we collected them as a group one warm July afternoon, kept several bags and distributed a portion out to members of the public. This jam is tart and dark in colour, and aside from plums only contains rock sugar.

Features: great addition to tea time and chats about public and private property

TPPミュージアム天神山緑地公園うめジャム
梅ジャム瓶詰め

多くの人は公園で育つ梅や植物は個人消費のために使われるべきではないと考えるだろう。しかし、天神山緑地公園のご近所に住むおばあちゃんは、「大丈夫よ、私札幌市に確認とったから」ということで、我々は梅を集め始めた。それは7月のとても暑い夏だった。いくつもの買い物袋満杯に集めて、そのうちいくつかは、公のメンバーへわけられた。このジャムはどっしりしていて色もコク、三温糖のみで作った。

特徴:  ティータイムのひとときや、国有地/公的空間/私有地にかんしておしゃべりする時のアクセントに。

 

brand
TPP
ミュージアムブランドマーク
デザインファイルと著作権

TPPミュージアムのカラーであるこの言葉の上に2色の異なる色によって斜線をひかれたデザインは、危険というシンボルでもある。これは、グラフィックのエレメントとしてもお使いいただける。

特徴:  様々な言語やフォーマットに対応出来る。非営利や営利目的でドキュメント、お知らせ、パッケージデザインなど幅広くお使いいただける。また売買可能だし、共有も可能である。

TPP Museum brand identity 
design files and copyright

TPP Museum’s distinctive brand is simultaneously combination of text crossed out or hiding behind diagonal bands of colour, as well as a symbol of warning. It can be used in signage, or as a graphic element in itself.

Features: adaptable across multiple formats and languages —— free to use for non-profit or for-profit purposes on documents, announcements, packages —— can be sold to others or shared

*********

TPP Restaurant

tpp-restaurant

会場:2F 連携事業ワークショップルーム
札幌市中央区大通西13丁目 |

TPPミュージアムがレストランを開催します。
TPPレストランには、どのようなメニューがあるのでしょうか?
さっぽろ天神山アートスタジオにある TPPミュージアムガーデン で収穫された作物を食べながら、これまでのワークショップを振り返り、TPPと作物、暮らしについて考えます。

TPP Restaurant
Saturday, 2 pm – 4 pm, September 20th, 2014
Gallery 4 Workshop Room, Former Sapporo Court of Appeals (“Shiryokan”), Odori Nishi 13-chome, Chuo-ku, Sapporo, Japan

The final event in TPP Museum’s 2014 public workshop season at the Sapporo Shiryokan! Specialties from the TPP Museum Garden in Tenjinyama will be served while we review the Museum’s collection, and what it tells us about life in the future.

世界ドッグコンテスト
World Dog Competition

tjy48-poster-web

9月14日(日)に延期しました! 10:00 am — 11:30 am!!

September 14th, 2014! 10:00 am — 11:30 am!!

23出場者!
http://tppmuseum.com/items-in-the-collection/tjy-48/

23 contenders!
http://tppmuseum.com/items-in-the-collection/tjy-48/

場所 天神山アートスタジオ   TEL 011-820-2140
札幌市豊平区平岸2条17丁目1番80号(天神山緑地内)

世界ドッグコンテスト
World Dog Competition

内容:天神山緑地には沢山のわんちゃんが毎日集まります。この日は、一斉に集まり「最長寿」,「吠え方」,「ファッション」,「ベスト飼い主とワンちゃん」,などを競います。豪華賞品もありますよ。参加の方は事前にわんちゃんのポートレート撮影を行います。6月27日から受付開始です。

Content: Many dogs gather at Tenjinyama park. On this day, these dogs and owners get together to have a competition around “long life,” “best voice,” “best fashion,” “best match,” and so on. We are preparing great gifts for the winners! All participants will receive portraits of their dogs. Please register from 27th of June!

どなたでも参加可能です。 Anyone can participate
参加費無料 this event is free

「草野球(ティーボール)大会」// TPP Museum T-Ball

baseball_odori

<選手募集のお知らせ>

さっぽろ天神山アートスタジオを拠点に活動するマイケルエディと植村絵美のアー トプロジェクト「TPPミュージアム」によるイベント、「TPPミュージアム草野球 (ティーボール)大会」を開催します。場所は大通高校グラウンドです。グラウン ドの広さと周囲の環境を考えて、野球に似たニュースポーツ、ティーボールの試合 を行います。

日本では初対面で、「政治、宗教と野球の話はタブー」とされていると聞いたこと があります。その話をきっかけに、今回は「野球をしながら政治の話をしてみる」 ことにしました。高校生やアーティストなど普段なかなか接点のない人間同士 の初 対面での交流、そして、汗を流しながらTPPについて学んでいく事を目的としま す。また、記録、編集した野球中継ビデオは、南平岸商店街の店舗のテレビにより 一定期間上映され、その店舗を利用する人が偶然にもTPP問題に触れるきっかけを 作ります。

時期:平成26年9月7日(日)午前10:00~14:00 場所:市立札幌大通高校 グラウンド

内容:
プログラム1:「草野球(ティーボール)大会」10:00~11:30 大通高校グラウンドにて、2チームに分かれてティーボールで対戦します。試合中 は、TPPミュージアム特性のユニフォームを着用します。後に編集された映像は、 まるでTPP賛成、反対チームにわかれて対戦しているように、実況中継の入った作 品に仕上がります。

プログラム2: TPPサンドウィッチ 12:00~14:00 草野球によりさわやかな汗を流したメンバーと応援にかかわった皆さんで、TPPサ ンドウィッチをおこないます。TPP主要5品目のじゃがいも、肉、小麦製品を味わ いながら、草野球について振り返り、TPP問題について消化していきます。

参加予定メンバー/植村絵美、マイケルエディ(TPPミュージアム)、櫻田竜介 (TPPMスタッフ)、斉藤幹男、犬養ボブキャッツ、高橋喜代史(9/5より個展「 border project」at CAI02)、今村育子、瀬戸一成、鈴木萌絵、つじたみほこ、三 浦一馬、Steven、小田井真美、ひよひよ、はるな、みづき、アサノコウタ+2名 な ど

<備考>各自動きやすいファッションと飲み物。 雨天の場合、試合は中止となり、時間をくりあげてTPPサンドイッチのみ おこないます。

申し込み、お問い合わせ

piatarorchestra@gmail.com TPPミュージアム (植村絵美)

主催:TPPミュージアム 協力:さっぽろ天神山アートスタジオ

TPP Museum T-Ball

September 7th, 2014
Game: 10:00 am to 11:30 am

TPP Sandwiches and refreshments will follow from 12:00 pm to 14:00 pm

Players sought! TPP Museum T-Ball at Odori High School, all are welcome! Come find out who wins, PRO or CON!

 

コレクション巡回展 CIRCULATING COLLECTIONS

tpp-circulating-collections-poster

札幌市資料館 (ギャラリー4)
2014年7月19日ー9月28日
at the Former Sapporo Court of Appeals (Gallery 4)
July 19th, 2014–September 28th, 2014

札幌市中央区大通西13丁目 | Odori Nishi 13-chome, Chuo-ku, Sapporo, Japan

TPPミュージアムでは遠方からの視点をもちいて、TPP:環太平洋経済連携協定締結後の未来の北海道を考えます。ワークショップテーブル上にはパッチワークの北海道地図がおかれ、1ヶ月程かけて新自由主義経済の貿易協定によるこの地域への土地や暮らしの影響を想像していきます。是非、来場者のみなさまも、中央の黒板にアイデアを埋め込んでください。
急激な変化というのは、地域特有のものではありません。TPPミュージアムは同様の問題を考え、問い続ける海外パートナーを招待し、遠方からのレポートを発表します。

ビュロー・デチュード(フランス)
タイラー・コーバーン(アメリカ)
アンドレア・フランケ(ペルー/イギリス)&キム・ディロン(カナダ/イギリス)
ブライアン・ホームズ(アメリカ)&ロザリンダ・ボルチラ(ルーマニア/アメリカ)
pop up cafe|岩間朝子&森田祥子(日本)
ジョージ・エガトン・ワーバートン(オーストラリア)

TPP Museum presents some views from afar, and hints about the future of Hokkaido after the Trans-Pacific Partnership goes into effect. Over the next month, the patchwork map on the workshop table will be filled in with possible and related effects of this neoliberal trade deal on the land and life of this region. Visitors are welcome during this time to add their ideas to the blackboard.
Because the dynamic changes underway are far from only local, TPP Museum has invited a number of Outside Partners to contribute their dispatches from afar. On exhibit are views from:

Bureau d’études (FR)
Tyler Coburn (USA)
Andrea Francke (PE/UK) & Kim Dhillon (CA/UK)
Brian Holmes (USA) & Rozalinda Borcila (RO/USA)
pop up café / Asako Iwama & Yoshiko Morita (JP)
George Egerton Warburton (AU)

circulating-collections-flier

詳細 / see details
tpp-museum_circulating-collections-flier

大友堀流しうどん with とくいの銀行
Otomobori Sliding Udon with TOKUI no Bank

noodle

2014年7月6日(日)10:00 〜 14:00
場所 天神山アートスタジオ  TEL 011-820-2140
札幌市豊平区平岸2条17丁目1番80号(天神山緑地内)

大友堀流しうどん with とくいの銀行
Otomobori Sliding Udon with TOKUI no Bank

内容:    1、炭坑うどんつくり(北海盆唄生地作り)
2、小麦と大友堀についての話
3、流しうどんをたべる

札幌在住の前田家のみなさんが、ことあるごとに自作の流しうどんをしているタカヒロさんのとくいを引き出し開催。 札幌市民にはもうおなじみかもしれませんが、札幌の開拓を象徴する創成川の前進である「大友堀」の形を模した流しうどん機をつかって、おいしいうどんを食べます。(とくいの銀行より)

Content: 1. Coal mine Udon making (with Hokkai bon song)
2. Story about wheat and Otomobori
3. Eating sliding udon

Maeda family made a withdrawal from Takahiro’s Tokui Bank: a sliding udon event. We will eat yummy sliding udon using the “Otomobori” structure in a shape familiar to Sapporo citizens: the former route of the Sosei river during the cultivation of Sapporo. (Tokuino Bank)

TPPミュージアムは、うどんをつくる小麦に着目しTPPと小麦の関係をお話し、盆踊りをおどりながらうどんをつくっていきます。

TPP Museum will join in making the udon with dance steps and also narrate the relation between noodles and TPP through two small lectures.

どなたでも参加可能です。 Anyone can participate
参加費無料  this event is free
事前申込不要 there is no need to book
___________________________________

10295016_1505182953044791_8199297235036452617_o

TPP締結後の食べ方 Food and agriculture after TPP

agriculture-after-tpp-calendar-image

日時 2014年6月21日 14:00 〜  17:00 

場所 天神山アートスタジオ   TEL 011-820-2140
札幌市豊平区平岸2条17丁目1番80号(天神山緑地内)

TPP締結後の食べ方
Food and agriculture after TPP

内容  content
天神山AS前にあるTPPミュージアム菜園にてワークショップを開催します。TPP締結後の未来の北海道の風景を、農のお話やワークショップで描いていきます。
Workshop with TPP museum garden and the park. We will think about future agriculture and wild plants relation with TPP!!

[プログラム]  program
・下島亘−未来の農業先生によるTPP後の野菜とわたし
Wataru Shimojima – Future farm teacher reflects on “vegetables and me” after TPP.
・ワークショップ1- どこから野菜がきて、どこへ行くのか?
Workshop 1 – “where do vegetables come from and where are they going?”
・雑草の会 − 雑草は未来だ!雑草とTPP/天神山の雑草を食べる Wild plants club – “wild plants are the future!”; eating wild plants at Tenjinyama

どなたでも参加可能です。 anyone can participate
参加費無料 free